時計のベルト交換方法と購入方法

腕時計のベルトはスレンレスや革、布地など様々な材質がありますがスレンレスから革や革から布など取り替えをすることが可能な物が多いです。交換理由としてまずは切れたり汚れたりすることが多いですが、その他にはおしゃれとして交換することもあります。交換する場合はメーカー指定の物を使用する方法以外にも社外品に交換する方法があります。サイズがあえばほとんどの時計に互換性があります。お店にお願いする場合は取り扱ってもらうお店を探すことが必要になります。自分でも専用工具がありある程度知識があれば容易に交換することができます。ベルトを購入するには実店舗があるお店に足を運ぶか、ネット通販で購入する方法があります。ネット通販の場合は値段比較が容易にできたり、豊富な種類から選ぶことができるので、自分の好みに合わせることができるメリットがあります。

お洋服に合わせてかえる時計のベルト

オシャレな人は、お洋服だけでなく、靴や時計などといった細部の小物まで、しっかり抜かりがありません。逆を言うなら、お洋服より靴と時計がしっかりした良質の物であればあるほど働く社会人としては合格とまで言われています。最近の腕時計はまたクラッシックな革のベルトが主流になってきています。革ベルトの利点は、お洋服によって手ごろに色を変えられる事ではないでしょうか。秋ならクラッシックに、春先はポップでビビットな色もかわいいでしょう。夏場は、革は汗で傷んだりして嫌煙されがちですから、布のベルトをするとオシャレかも知れません。これだと汗にも強いですし、革よりはもっと価格的にもお財布に優しいですから、より多くの色を収集できるかも知れません。ブランドのものだと、布、革以外にもブレスレットタイプで色遊び出来る種類の物もあります。

時計のベルトが汚れてきたら

自分が気に入っている時計を長い間使っていると、ベルト部分が汚れてきたり、とくに革ベルトを使用していると、汗で匂ってきたりということがあります。身だしなみの一つとして利用しているものが、臭いや汚れがあるということになれば、マイナスイメージがついてしまうということにもなりますので、早めのお手入れや、部品交換をしておきましょう。ベルト部分については、革タイプの物から、金属タイプの物にも交換をすることが可能ですし、さまざまな種類がありますので、好みの物から選択することもできます。バンドの太さによっては、きちんと入らない可能性もありますので、きちんと太さなどを確認したうえで購入するように気をつけましょう。取り換え、修理に関しては、専門のお店でやってもらう方が安心ですし、簡単にできますので面倒に感じることもありません。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP